なぜかぎりぎりまでガソリンを入れない妹の車

それほど頻繁にあるわけではありませんが、ときどき妹の車を借りたりすることがあります。
しかし、妹の車はいつもガソリンがほとんど入っていない状態なんですよね。
妹は通勤に車を使っていますが、それほど長い距離の通勤ではないにしても、不安になったりすることはないのでしょうか。
車のガソリンタンクの容量は40リットルくらいなのですが、妹が一度に給油するのは決まって15リットルだそうです。
その量というのは、一度の給油の会計が2000円以内におさまる量だと言っていました。
一度の給油でガソリンを満タンにしても、ちまちまと給油を繰り返しというのも、どちらも変わらないのではないかと思ってしまいます。
でも、一度の会計の金額が高くなると、同じことでも負担感が増すのだと言っていました。
私は自分の車を持っていないので「いろいろとあるのだな?」と思いつつ、いつも車を借りたときには20リットル給油して返すようにしています。
さすがにちょっと車を使うだけでガソリンを満タンにして返すのもなんだか癪だな感じてしまうのですが、ひょっとしてこれって、私も妹と同じ考え方になっているのかもしれません。キャッシング スピード