勘三郎さんの孫が初舞台、二人揃って桃太郎を演じる

中村勘三郎さんのお孫さんが2月2日に初舞台を踏みました。
とはいえ、初舞台を紹介したドキュメンタリー番組は3日の放送で、今から可愛い桃太郎を見るのが楽しみです。
思えば、父・勘九郎さんと七之助さん兄弟も同じ演目で初舞台を踏んでいます。
強烈に覚えているのは、その時にもドキュメンタリー番組が放送され、それを実家で親戚一同と見ていたからです。
1987年の1月に母が他界し、お葬式のために実家に親戚が集まっていました。
ちょうどテレビで中村屋の番組が放送され、勘九郎(当時は勘太郎)さんと七之助さん兄弟が勘三郎さん(当時は勘太郎)に怒られるシーンが流れました。
後で、伯父が、「兄弟が怒られたシーンは泣きそうになったが、かっこ悪いので涙を我慢するのが大変だった」と話していました。
実は、自分の泣きそうになってしまったので、みんなそうだったんだ、と笑い話になったのです。
母親の命日が近付くと中村屋のことを思い出します。
あれからちょうど30年です。すでに父も他界、勘三郎さんもいません。
懐かしくもあり、寂しくもありといった感情が入り混じってしまいそうです。ミュゼ 金額