元財務官僚の山口真由さんの発言に私も影響を受け、別な方向で真剣に考える

毎朝視聴する「羽鳥慎一のモーニングショー」。元財務官僚の山口真由さんが最近、「森友問題」についてのコメンテーターとして出演している。彼女の発言もいろいろな話題を提供しているらしく、サイトで検索していると、様々な角度からの意見も垣間見える。
 私は専門的な言葉も知らないし、政治に詳しい人でもないので、ごく普通の感想程度しか言葉は出ないのだけれど、彼女の発言は政治以外にも「へぇ」と思えるようなものがあってこの番組の特別ゲストさんの選出も面白みがあるなぁ、と変なところに感想を持つのであった。先日も、彼女の成績やら、上に行く時の面接やらの話題になった時、
「おまえの人生を○分以内で語れ」と言われ、その半分しか持たなかった」と言っていた。私はつい、それに反応してしまい、自分なら何というだろう、とその後の政治の話しを殆ど聞き逃してしまった。鋭くて思いがけない質問を投げかけるなぁ、さぞ面食らっただろうなぁ、と、何故か質問を受けた人の身になってしまったけれど、人生でそれまでも、今後も、きっと私に向けては誰もしてくれない質問を考えるなんて、アホだな、と改めて今日、山口さんの美しい顔をみながら思ってしまうのであった。